かけ流しの湯 箱根強羅の宿
新宿区立中強羅区民保養所
◆◇箱根つつじ荘◇◆


屋内天然温泉


露天温泉

箱根温泉が知られるようになったのは、豊臣秀吉の小田原征伐がきっかけです。難攻不落の小田原城を攻めるため全国の武士を集めて長期滞在しましたが、その無聊を慰めるため温泉に入ったと言われています。
明治以後、箱根は保養地、観光地として開発され、また、新たな温泉の掘削も進み、歴史ある八湯に加え9つの温泉を合わせて「箱根十七湯」と称されるようになりました。最近では、早雲山、湖尻の大湧谷の3カ所を加えて「箱根二十湯」と呼ばれることもあります。
多くのリピーターが箱根つつじ荘を利用する目的の一つには、湯治と旅の疲れを癒す正真正銘の温泉風呂だからこそ。
温泉は、大湧谷からの源泉(59.2℃)より8.14u×7口引き込んでおり、大湧谷で自噴する温泉と、火山性蒸気に山清水を吹き当て造成した温泉です。
豊富な湯量は掛け流しで、また源泉は日によって温泉の色が変化する事もあります。
豊富な温泉に浸りながら心ゆくまで楽しく過していただける事と思います。


TOP